農業と食の安全マニュアル-農業が抱える問題

食品添加物の表示確認には落とし穴がある

 

加工食品にどのような食品添加物が使われているか、確認するために食品の裏側のラベルを確認する人も少なくありません。

 

お昼ご飯を買いにコンビニに出かけました。早速、手に取ったおにぎりの裏のラベルを確認しました。裏にはPH調整剤、調味料と記載されていて「よし!これなら添加物は少ないから大丈夫だろう」と感じましたが、そこには一括表示という落とし穴があります。

 

一括表示とは目的が同じの何種類かの添加物を一括に表示しても良いというもの。食品衛生法によって定められています。これは加工業者によってはとても都合が良く、ラベルを確認してどのような添加物が入っているかの明細が確認できるものではありません。

 

例えばPH調整剤。どんな役割に使われているかというと、食品の変色や変質を防ぐ役割があります。長時間、陳列する際、色が悪くなっているおにぎりを手にとる人はいないため、重要な役割を果たしています。PH調整剤は一括表示の名称であり、実際の添加物は「酢酸ナトリウム」、「クエン酸ナトリウム」、「フマル酸ナトリウム」と言われる数種類の食品添加物が含まれているのが現状です。

 

難しい化学名称の羅列をおにぎりの裏に記載した場合、「こんなものが入っていて大丈夫なの?」とか「身体に悪そうだなあ」と言った印象を持たれてしまいますので一括表示で「PH調整剤」と表示できる事は販売側にとってメリットと言えます。

 

食品添加物には「酸化防止剤」、「膨張剤」、「乳化剤」、「酸味料」等、様々な役割を担う物がありますが、ひとつの物質に複数の役割を担う添加物も多く存在します。そのため、本来は「PH調整剤」として使用しているのにも関わらず、食品の旨味をつける役割もあるので一括表示では「調味料」と表示する事ができます。

 

このように一括表示はどのような添加物が入っているかわからなくなっていて、実際に数多くの添加物を摂取しているのにも関わらず、ラベルを確認して「これは添加物が少ないから安心だな」という勘違いを引き起こしてしまいます。

 

表示免除

一括表示の他にも食品添加物が含まれているのに表示しなくても良いと言ったケースが存在します。以下の5つのケースに該当する場合は表示が免除です。

 

1、キャリーオーバー
2、加工助剤
3、店内で製造、販売したもの、ばら売り
4、パッケージが小さいもの
5、栄養補助剤

 

1、キャリーオーバー

加工食品の中で、原材料に加工食品を使用している場合がありますが、この原材料に使った加工食品に含まれる食品添加物は表示免除になります。例えば、めんつゆ。めんつゆのラベルには醤油と記載がありますが、醤油にも添加物は含まれております。この醤油に使った食品添加物は記載しなくても良いのです。

 

2、加工助剤

 加工食品が完成さるるまでに使用した食品添加物が完成後に残っていない、もしくは中和されていれば表示免除となります。例えば、コンビニで販売されているパックサラダがこれに該当します。殺菌剤として使用している「次亜塩素酸ソーダ」が入っている殺菌プールにカット野菜を投入して消毒します。これを繰り返して製品になった時には添加物は残っていないということで表示免除です。健康のためと食べているサラダは殺菌剤が入った殺菌プールを経由した野菜を食べているので、本当に健康の為になっているかは疑問視される部分でありますね。

 

3、店内で製造、販売したもの、ばら売り

店内で製造、販売されたもの、ばらで販売されているもの(個別で包装されていないもの)は食品添加物の表示免除です。ファミレスやスーパーのお惣菜コーナーがこれに該当します。お手頃な価格で食事ができるファミレスは価格の他にカロリー表示などしている場合がありますが、どのような食品添加物が入っているかは表示されていないはずです。

 

4、パッケージが小さいもの

一口サイズのお菓子や飴などが対象になります。コーヒーにつくミルクのような液体のコーヒーフレッシュもこの対象となっているため、食品添加物の表示免除となります。(実際には7〜8種類の食品添加物が入っています)

 

5、栄養補助剤

ビタミンやミネラル等、栄養の補助となる食品添加物は表示の免除となります。しかし、栄養補助剤は表示したほうがメリットとなる場合があります。(ビタミンが入っているから身体に良さそうだ!といった良いイメージがある)


ホーム RSS購読 サイトマップ